個人輸入にかかわる前提条件

個人輸入にかかわる前提条件

個人輸入にかかわる前提条件としまして、営業目的か否か、といいました点が挙げられます。この場合ですと、輸入をする人は薬事法の規定に則り、厚生労働大臣から承認・許可を受けなくてはならない。

一例をあげますと、軟膏や外皮用薬、点眼薬(目薬)いという外用剤については、関税でのチェックのみで輸入が可能となってくるのです。ですから、一度に大量輸入をするのは現実的ではないです。

その為、海外からサプリメントなどを輸入し、転売をするケースです。この際には、営業目的でないことを証明するように、地方厚生局に対して書類を提出するとかいという手順を踏むことになるのでしょう。

しかしていながら、前項の内容には一部例外があるのです。つまり、インターネットショッピング感覚での購入はできません、というわけです。

ですけど、一度に購入出来る数量に制限が設けられてる、という点に注意が必要です。では、「自分は誰かに売ったりしないでしょうから大丈夫」という場合は如何でしょう。

その他には、口紅などの化粧品もここに含まれているのです。たとえば前述の外用剤につきましては1品目につき24個以内という決まりがあげられます。


ホーム RSS購読 サイトマップ